じざいやは、羽織好き

本当に素敵な羽織ってなかなかないですものね。羽織は、着物や帯ほどとっかえひっかえはしませんので、上質な1枚が欲しいところです。

羽織は、着物の着こなしに個性を出す強力なアイテムです。

じざいやは、秋も春も季節に合わせた一点もの羽織を、毎年、ご提案させていただいています。

若い頃の着物でちょっと派手になったかな?と思っても、羽織で覆ってしまえば気になりません。

反対に、色無地や江戸小紋がつまらない時に、大柄の羽織で遊び心を満足させることも。

お出かけ前の慌ただしい時に、帯結びが決まらない!ってときも、頼りになるのが羽織です。ふわっと羽織って、一段上のコーデですって言う顔でお出かけできます。

40年ほど前には、格を上げるために絵羽織を着るという着こなしがあり、また、防寒具としての意味合いも今より強くありました。

でも、今の羽織は、コーディネートの楽しさを広げるアイテムです。着物を隠してしまっても羽織を見せたい、魅せたい。

道行や道中着と違い、室内で脱がないでも失礼ではないので、羽織をメインのコーディネートも楽しめます。

さてさて、お気に入りの一枚の羽織を見つけるための、じざいやからのご提案です。

羽織、コート、道行や道中着、ショール。じざいやのお勧めは、まずは、単衣の羽織です。

初めてコートを誂える、という方から「どんなコートにしたらいいかな?」と質問を頂きます。お茶などのしきたりを気にせずに、自分の楽しみで着物をお召しになる場合は、羽織をお薦めします。

そして、最初の一枚のイチオシは「単衣の羽織」。

羽織にも、着物のように、袷と単衣と薄物があります。そして、袷の羽織は、紅葉から桜まで、との言葉があるように10月から4月ごろまでが着時、ということになっています。

とはいえ、お住まいの場所にもよりますが、最近の10月は気温が高くて羽織が不要な日も多くなってきました。横浜では11月になって20度を越える日もあります。最近は、屋内や電車も暖房のおかげで、単衣の羽織でも十分に暖かく、真冬以外は袷の羽織で歩き回ると汗ばむほどで暑くて邪魔、ということになりかねません。

寒い地方でなければ、「引き返し」を多めにした単衣の羽織があれば、寒い時はショールを重ねるなどして着る期間を長くとれます。

そして春先は、暑いには暑いけど帯付きで出歩くのは避けたい、といいますか、個人的に徒歩圏内より遠くの乗り物移動に羽織ものは必須、だと思っています。

帯を守るためにむき出しのまま出歩かないためにも、やはり一枚羽織っているとエレガントです。

春先の、まだ昼夜の寒暖差のある時期にも、単衣の羽織が便利です。

単衣の羽織の作り方

単衣の羽織には、サラリとした肌触りで裾捌きの良いものが向きます
裏地が付かない分、袖を通す時などにもたつかない、滑りのよいものである必要があります。
滑りが悪く感じる場合は、肩から身八口辺りまで肩滑り、という裏をつけます。
冬に寒い時、ショールやコートを重ねてしまう場合は、、単衣の羽織はシボのある縮緬や暖かみのある生地が良いです。
早春からの単衣羽織には、少し薄めの軽やかな生地が似合います。ただし、あまりペラペラに薄いものは落ち感がなく風に煽られますし、衿の座りが悪いので、ある程度の重みは欲しいです。
種類としては、浜縮緬、綾織りの紬、凹凸のある変わる織の生地などがお勧めです。
4月後半にもなれば、少し透け感のある生地も良いですね。単衣の着物の上には、よろけ織や夏紬など透ける羽織も素敵です。
6月~9月には 小千谷縮や綿麻の羽織も普段着物には重宝します。

羽織向きの反物はこちら。

じざいや羽織マガジンに羽織のあれこれまとめました。

 

 

「じざいや便り」でお誕生月はセール価格

この記事が気に入ったら
「いいね!」

最新情報をお届けします