着物の格と夏の素材

夏の着物の魅力は、なんと言っても涼感あふれる素材感にあります。

透かしの入った絽や紗の染物や、強捻糸を使ってシャリ感を出した夏大島や夏塩沢などの夏紬。麻や麻と綿の交織や、綿でも太さの異なる糸を織り込んで凹凸をつけた紅梅生地など、バリエーションの豊富さも楽しみです。

その種類の多さが、いつ、どれを、どこに着れば良いのか?という混乱の元でもあります。

6月から9月の四ヶ月の間に単衣から盛夏、そして単衣と変わります。最近の気温の高さで、5月と10月も単衣、ということも珍しくないので、そうすると夏の様々な素材を楽しめる期間が六か月にもなります。

夏にしかない用いない素材は多く、そのアイテムや時期も多種多様なのですから、悩ましいのも当然です。本格的な夏が来る前におさらいをしておきましょう

単衣のフォーマルは絽縮緬、絽などの絹の夏用白生地で、訪問着や付下げ、色無地などを染めたものになります。

格としては、その次が夏牛首や夏大島等、夏紬の後染のもの。

続いて縞や絣の夏紬(絹織物)、麻織物、最後に木綿になります。

夏の着物 柔らかもの編

絽縮緬 6と9月の単衣の時期の絽織り
絽目の間隔によって、二本絽、三本絽、五本絽などがあり、二本絽、三本絽などが盛夏向きで、五本絽、七本絽は単衣にも使います。
斜めに捩りを入れた織り方で全体に透け感があります。紗は、盛夏用の生地になります。

画像のある絽・紗・羅の違い付きはこちらこちらで。

夏の着物 紬編

生紬 生糸についているセシリンという成分を残して精錬し、シャリ感のある生地に織り上げたもの。透け感によって単衣~夏に着用します。
夏紬 各地方で織られている産地紬を撚りを掛けた糸で織り上げたもの。絹上布や絹芭蕉などと呼ばれるものもあります。夏琉球絣、夏大島紬、夏黄八丈、明石縮みなど。
麻もの、上布

麻糸の作り方により手績み苧麻で織られた上布各種。(詳しくはこちらラミー糸を使った 小千谷縮、近江上布など。

夏の帯 素材別

帯はさらに素材や織り方が増え、どの着物にどの帯を、いつ合わせてたらいいのか迷います。金銀の入らない洒落物限定で仕分けてみました。

シナ布、藤布などの自然布

使用時期は、初夏の単衣~秋の単衣まで。元々は一年中使われていた素材ですが、現在では、そのザックリとした風合いが冬にそぐわないとされています。

柔らか物には合わせず、夏紬以下の格のものに。

シナ布帯はこちらから。

綴れ、絽つづれ

綴れ織り、という織り方には格があり、柄も金銀の入った格調高いものが多いので、本来は柔らか物向きです。

後染の夏紬や夏お召、無地の夏紬などには合います。

複雑で精緻な織りが魅力です。

羅の織りだけで表現された無地の八寸はフォーマルから上布までオールマイティに使え、1本あると便利です。袋帯や後染にされたフォーマル用もあります。

羅(もじり織り)で柄が織り出された八寸は、カジュアル用として夏紬~麻の着物にも。

絽や紗の後染め

絽は、生地が薄く九寸になるので、八寸の紗より格が高くなります。

光沢のある絽織りは柔らかもの向きです。生紬や紬地、変り織りのものは、夏紬や麻にも。

織りの帯にはない柔らかさが、夏きものの硬さやハリを和らげてくれます。染の技法も友禅、無線友禅、ロウケツなど様々な表情を見せてくれますので、帯を主役にしたコーディネイトも楽しめます。

博多帯

夏の紗献上は7,8月限定ですが、透けない、普通の博多献上は一年中使えます。小紋から浴衣までOKです。

お太鼓だけでなく、角出や後見結びなど結び方で楽しめれば上級者です。

今、ご覧いただける、じざいやの夏着物はこちらからどうぞ。