2022年春 じざいやのお品の委託販売 始めました
きもの暮らし

じざいや的日常 2022年4月7日

久しぶりに読谷花織の作家さん、宮良さんからお電話いただきました。 糸にこだわって、軽いことを第一に考えて織られたそうです。本当に読谷花織の着尺としては 驚くような軽さです。糸が細いので 花織もとても繊細。色も大人ピンクになるように、...
お知らせ

2022年 春【じざいや流・委託販売始めます】

じざいやが送り出した大事な子たち、着ないままなら来てくれる人への橋渡しをしたいと思い、古物商許可証を取りました。じざいやで購入していただいたものを優先で、委託販売させて頂きます。じざいやでの購入品以外は、以下のものに限り、お預かりいたします。
商品棚から

汗ばむ春の暑い日には、単衣の下に色付きの麻襦袢がおすすめ

20度を越えれば単衣を着てしまいますが、お襦袢を麻にすれば暑さはかなり防げます。麻の襦袢は、自宅で洗えるので汗の季節には使い勝手が特にいいです。ただ、単衣の下に着る襦袢は、白ではなく色のついたものがお勧めです。
2022.04.08
きもの暮らし

おうちで着物美人さん 帯も簪も襦袢もピンクコーデや、ひよこの帯

お客様から、「おうちで着物美人」の着姿画像を頂きました。 S様から、2種類のコーディネイトをお送り頂きました。ありがとうございます。 後染の夏大島です。帯は、西陣の夏帯(正絹)です。織元さんはちょっとわからないのですが...
2022.04.08
きもの暮らし

おうちで着物美人さん 平谷悠律子ほぐし織の帯 三村百合子帯とバック

今日の着物美人さんは ご遠方からネットでのご参加^^ 新幹線距離なのでなかなかお会いできませんが、メールのやりとりで、お買上下さった着物や帯を「こんな風に着てみました!」と、ご報告頂けるととてもとても嬉しいです。 ...
2022.04.08
商品棚から

インドネシアの技法 チャンチン染の帯 単衣特集

インドネシアの技法チャンチン染の帯を二本ご紹介 生紬のチャンチン染の帯をご紹介します。シャリっとした生紬に色を抑えた大人のチャンチン染。 ほんのり透け感がありますが、帯芯と生成りの地色で「透けた夏帯」感はありません。単衣に合わ...
2022.04.07
きもの暮らし

単衣に最適!本塩沢や綿麻のシボってどうやって出来てるの?

5月の単衣は当たり前で、4月の単衣もありだよね、という感じになってきました。 単衣は、袷から裏地を抜いた状態ですが、単衣にするには生地に向き・不向きがあります。 サラリとした裾裁きの良さが第一条件。そして肌触り。暑い時期には肌...
2022.04.07
きもの暮らし

単衣に向くのは、どんな素材? 

暑くなるのが年々早いです。今年はいつから単衣かな。 単衣を着る時期が伸びたので、単衣の枚数が必要になりました。  単衣には、どんな反物を選べば良いのでしょうか? 単衣に向く素材としては、 裾捌きが良い皺になりにくい...
2022.04.07
きもの暮らし

単衣に向く生地、向かない生地 春単衣に秋単衣 

春分の日。本格的に春!の始まり、ですが、年によってはとっくに春、とことも多い季節です。 今日、単衣を着てしまいました。白大島です。去年も確か、単衣始めは3/20だったかと思います。 単衣と胴抜き・袷を行ったり来たりで、その日その日で気候...
2022.04.07
商品棚から

橋本文子 チャンチンロウケツ染 ギャラリー

ジャワ島で染められるロウケツ染めの布は、「ジャワ更紗」や「バティック」の名で親しまれています。 古くは貴族階級のものとして手の込んだ高級品でしたが、次第に庶民に広がり、型染めや木版染めなど技法も増加していきました。 その中で、細い竹筒の...
2022.04.07
商品棚から

宮良せい子さんの読谷山花織。諸紬にソテツの葉のモチーフ。

今回はキャンセルした沖縄出張。 訪ねる予定だった、読谷花織の作家さんから帯が届きました。 与那峯貞さんの直系のお弟子さんになる宮良せい子さん。 薄い辛子色の諸紬の帯。 諸紬は経緯糸共に紡ぎ糸で節があるためめ、滑りが悪く織りにくいので...
2022.04.07
きもの暮らし

京都から連れ帰る子たち 本場結城紬や藤山千春、もじり織・・・

いつもありがとうございます。 京都から連れ帰る子たち 本場結城紬や藤山千春、もじり織・・・ この投稿をInstagramで見る 横浜元町 じざいや(@sakurako_jizaiya...
2022.04.07
きもの暮らし

夏着物の素材と格、コーディネートのコツあれこれ 

着物の格と夏の素材 夏着物の魅力は、なんと言っても涼感あふれる素材感にあります。 透かしの入った絽や紗の染物や、強捻糸を使ってシャリ感を出した夏大島や夏塩沢などの夏紬。麻や麻と綿の交織や、綿でも太さの異なる糸を織り込んで凹凸を...
2021.06.02
きもの暮らし

3月中旬、この時期に単衣を着たら、帯は? 小物は?

3月中旬でも暖かくて動くと汗ばむほどの日があります。 3月、当然袷の季節ですが、20度超えたら単衣を視野に入れても良いと思います。暑かったら無理しないで、単衣を着ちゃいましょう。 この時期の単衣、フライングなのを自覚して、 ...
2021.06.01
商品棚から

白鷹お召

米沢よりずっと奥にある白鷹で織られる白鷹お召は、独特のシボがある紬のお召で、絣の北限と言われています。 白鷹お召の絣は、板締めという技法で薄い板に溝を彫り、その板に糸を巻きつけたものを20枚ほども重ねて、面万力で締め上げた上から熱い...
2021.06.01
先週のじざいや

綿麻特集 パグ帯金魚帯 山下八百子 こなれた着こなし着物美人様

おうち着物を楽しむ綿麻・紬 さわやかな朝、起きたら着物を着て、おうちの周りを散歩する、それから遅めの朝食、そして好きなことをして、という休日に楽しめる着物を集めました。 青のグラデーションが美しい格子模様の綿麻です。麻30%、...
2021.06.01
先週のじざいや

横浜の5月は薔薇。ガーデンネックレス横浜も、チューリップからバラの見頃へ

じざいやと横浜、バラづくしはこちらから。 先週のじざいやブログから 米沢紬に浅倉広美さんの「ラムネ」帯。↓下のリンク記事をご覧ください。 米沢紬は、様々な紬を織って、少しづつ残った糸を織り込んでいます。紅花紬で染めたもの...
2021.04.20
商品棚から

季節の巡りがあまりに早くて、単衣と柄が合わない問題が勃発しそうな今年の春 

ホースヘアの帯。たぶん、今あるのは日本でじざいやだけだと思います。 既に職人さんが廃業してしまっているため現品のみ。通販サイトでご覧ください。色違いで2種類。仕立上がりなのですぐにお召いただけます。 軽くて雨にも強いのは、...
2021.04.12
商品棚から

新作の帯はこちらから。今年の小千谷縮も、夏帯も。

型絵染の龍の帯、新作チャンチン染帯、赤い龍、黒い龍、新作小千谷縮もセールです。
2021.04.05
商品棚から

吉田美保子さん、新作の帯です。

吉田美保子さんの帯、「三角のマーチ」↓。カラフル三角の行進です。合わせた着物は塩沢の変わり段紬。春が来た!のコーデです。 吉田美保子さんの帯、「〇△□(まるさんかくしかく)」↓。爽やかに これからの季節を彩ってくれます。コー...
2021.03.29
タイトルとURLをコピーしました