去年も好評だった、東京友禅の鈴木和美さんの作品展を2月に開催します。

鈴木美和さんは、生駒暉夫氏のもとで友禅を修業された、デザイン性の高いモダンな東京友禅の作家です。

伝統工芸展や全国染織展で入選を重ね、現在は独立して横浜に工房を構えていらっしゃいます。

古典柄もポップな現代アートも、落ち着いた色彩なので紬に良く合います。もちろん柔らかものにも。

図案から下絵、糊置き、色挿し、地染めまでトータルに手掛けてられます。ですから、八掛・羽裏などや帯のお誂えもお願いできます。

大仰に考えなくても、ワンポイント、お好きな柄を描いてもらって、「私だけのオリジナル」が出来るのはとても楽しいです。

季節限定柄の着物はちょっと大変だけど、憧れの桜や藤の帯も16万円台からお誂え可能です。いつかお願いしてみたい、ではなく 今、お願いしちゃいましょう! 

今回の作品は、2月初めからご覧いただけます。去年3月の作品展のページはこちら。

新作の帯をいくつかご紹介します。

 

 

羽裏や八掛のお誂えについては、こちらもご覧ください。

こちらは前回の訪問着たちです。

ぜひ、ご予定をあけておいてください。

25日日曜日は、じざいやでネイルやメイクができるビューティイベントもありますよ。「ビューティ体験@横浜元町じざいや」の詳細はこちら。

この記事が気に入ったら
「いいね!」

最新情報をお届けします