【花絽織帯 比嘉留美子作・「幻想 春の雪」】 

とにかく端正で美しい。

【商品の特色】

花絽織とは、花織と絽織を組み合わせた織り方です。絽目の透かしがありますが、柄としての絽なので夏帯ではありません。

花織と絽織が市松状態に織り込まれると「花倉織」と呼ばれます。この帯は、花織と絽が交互の段になっているので「花絽織」と称しています。

この作品は、第52回西部伝統工芸展(平成29年)に於いて、朝日新聞厚生文化事業団賞を獲得しています。

比嘉留美子さんは、端正で美しい作品を、年に数点のみ織られています。色彩感覚が素晴らしく、毎回見惚れてしまいます。首里城からほど近い、丘の上の工房から見える海と風の風景なのでしょうか。

実物の美しさは、画像の数倍ですので、出来ましたらぜひ実物を手に取って御覧ください。

贅沢に全通です。

 

絽目の透け感が美しいです。

上手い織手さんは裏も美しい。どちらが表か判らないほどに。

カラーの帯芯を入れることで雰囲気が変わります。 明るめの色で涼やかに。 濃いめの色なら落ち着きを持たせて。

【価格】

298,000円(税込み 321,840円)

セール価格で 208,600円(税込 225,288円)2017年8月31日まで