今日のご紹介は、西川はるえさんの作品。「四月の雪」です。

様々な素材をミックスすることで生まれる、不思議なゆらぎ。

ネパールのイラクサのやんちゃを絹で抑え。

お太鼓と前に光るラメ糸が織り込まれています。

その部分にレーヨンやポリが含まれています。

荒っぽさの中の煌めきが 土中に眠る宝石の原石を見つけたよう。

キラキラ感は見る角度で変化します。

ギラギラではなく、春の小川に煌めく陽の光を彷彿させます。

艶感のある、大島や芝崎さん座繰り糸紬などと好相性です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今日も一ポチ! ブログランキングへの応援お願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 ←ここをクリック