吉野織の帯です。

横線をたどって行くと・・じっと見ていると あれ・・・?と判りますでしょう。

格子が破れ格子になっているのです。経てロートン織に絣の緯糸が織込まれて、揺らぎのある表情が柔らかさを醸し出します。

紬はもちろん、柔らかものにもお召頂ける品格のある帯です。

大木道代さん「銀葉」のコーディネート

じざいやオリジナルのピンクの薔薇刺繍付下げと合わせてみました。冬からお正月は、柔らかものをお召になる機会も多いシーズン。
西陣の、いかにも柔らかもの用の帯ではなく、そこはかとなく粋を秘めたこんな帯で差を付けちゃいましょう。

価格

定価 250,000 円 税込み 270,000 円