じざいやToday 

インドネシアの技法 チャンチン染の帯 単衣特集

商品棚から

インドネシアの技法チャンチン染の帯を二本ご紹介

すぐお召頂ける仕立上がりの生紬のチャンチン染の帯をご紹介します。
単衣に合わせて連休に使えますよ!

シャリっとした生紬に色を抑えた大人のチャンチン染。

ほんのり透け感がありますが、帯芯と生成りの地色で「透けた夏帯」感はありません。単衣に合わせるのが最適で5,6,9,10月にぴったりです。

抑えたトーンがシックな唐草模様。鳥さんもいます。蜂も飛んでいます


関東巻きと関西巻きで前帯の柄が違うので、2通りお楽しみ頂けます。
下の写真は関東巻き。墨色のラインが出ます。

反対に巻くと・・・こちらはチャンチン染が前帯一杯に広がります。

もうひとつ、じざいやオリジナルの橋本文子さん作のチャンチン染帯


薄手の紬地の帯なので、盛夏以外の3シーズンに対応できます。

この帯の良いところはお太鼓の柄をずらして表情に変化をつけられるところ。体型でずらせる範囲は多少変わるのですが、いくつか例を作ってみました。こちらからその違いをご覧ください。

先週の商品紹介、↓こんなのもあります

伊勢木綿に猫刺繍の帯。

単衣にお勧め!本塩沢に紫根染帯、帯揚げはダックス~~

こんな記事も人気です。

単衣に向く生地、向かない生地 春単衣に秋単衣 

単衣に最適!本塩沢や綿麻のシボってどうやって出来てるの?

 
タイトルとURLをコピーしました