昼間は動くと暑いくらいで単衣?っと思いつつ袷をきましたが
夜になって 冷たい風がものすごい勢いで吹いてます。
単衣じゃ寒かったな・・・。
今日満開になった桜、散っちゃいますね。

5月の単衣は当たり前で 4月の単衣もありだよね、という感じになってきました。
単衣は袷から裏地を抜いた状態ですが
単衣にするには生地に向き・不向きがあります。
サラリとした裾裁きの良さが第一条件ですが
暑い時期には 肌触りのサラサラしたものを優先したくなりますね。

サラサラした生地・・・
まず思い浮かべるのは シボのある本塩沢や縮と呼ばれるものです。
縮緬、お召し、縮みにしじら織・・・。
シボのある生地はいろいろありますがその違いをお話します。

まず、シボの正体ですが
縮緬も御召も縮みも 強撚糸という 強い撚りを掛けた糸を使って織られてます。
糸を強く撚るとどうしても糸全体が縮れてしまい そのままでは織ることができません。
それを濡らして引き伸ばし 糊で固めて緯糸として織ります。
織り上がった後で 湯のしにより糊を落とすと
撚糸の性質である縮もうとする力が甦り、生地にシワをもたらします。

これがシボの正体です。
小千谷縮みには 右よりだけの糸が織り込まれているので
縦に大きなシワが寄った風合いになります。
楊柳もそうですね
右撚りと左撚りを交互に織り込むと、シワが小さく均一のお召や縮緬になります。

シボがあることで生地に凹凸ができ、肌に接する部分が減ることで
涼しい感触になるのです。


 パステルカラーの縞の本塩沢に 根津美和子さんの絣と花織の名古屋帯。
塩沢のシボはアップで見るとこんな感じです。

 小千谷縮や綿麻はシボの出方が不均一です。
ビタミンカラーの綿麻に ホースヘアの帯。

綿麻の表面はシボがランダムで大きいのでより涼しいです。

今年もそろそろ暑くなってきます。
シボのある着物で 少しでも暑さを凌いで快適にお過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今日も一ポチ! ブログランキングへの応援お願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 ←ここをクリック