朝から冷たい雨でしたが 昼前には日が差してきて・・・
即位の礼のタイミングで皇居の上に虹が出たそうで本当におめでたく、平和が続きますように。
店にいたので TVは観られなかったのですが 今はネットでも装束の解説をして下さる方がいて
色や文様のこと、とても面白かったです。
皇室の儀式の装束は織物ですからねー 
紬と一緒にしちゃいけませんが、なんでもかんでも友禅が格上ではないですから。
無地に浮かび上がる紋織の美しいこと。。。
重ねの色の雅なこと。。。
しかし何故 安倍首相夫人は着物じゃないんでしょう?

それはともかくとして、
今日はみさやま紬をコーディネイトしました。

栗と山胡桃の鉄媒染で泥染を見まごうような深い焦げ茶に染まったみさやま紬です。
帯は 小島隆三作の板締め絣綾織名古屋。
急ぎ足の秋を惜しむ ススキの帯留をポイントにしました。

ススキの帯留、繊細で丁寧にできてます。どなたか~~連れてってーーー

みさやま紬のお話はこちら。 無用な存在感のある紬ではありません。
でも 丁寧に染め、織られたものの持つ、優しい包み込むような包容力があって
いろんな帯を受け止めてくれます。
ここぞ、の頑張り着物ではなく普段着の力の抜けた着物として長く愛用してください。

最後までお読み頂きありがとうございます。
もう一つお願いです。
下の「にほんブログ村」という文字をクリックしていただけませんか?
ブログ村のランキングページへ飛びます。
ランキングページで、「じざいや的日常」をクリックしてこのページに戻ります。
これで、ランキングのinポイントとoutポイントが付きます。
応援、ありがとうございます!さくらこが、喜びます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村

 

 

じざいや通販 BASE

この記事が気に入ったら
「いいね!」

facebookで最新情報をお届けします