じざいやToday 

着物1枚に帯11本。カジュアル着物はセンスで勝負、帯は載せちゃったもん勝ち

商品棚から

着物1枚に帯3本・・・と、聞いたことがある方も多いと思います。

似合う帯が3本あれば、その着物の着回しが楽に楽しめる、という例えです。

「この着物が見に来たかったの」と関さんの大島を訪ねてこられたお客様とどんな帯が合う?と 帯合わせをいくつかお見せして、帯で着物の表情が変わるのをご覧頂いてたら 止まらなくなってしまい。。。

結局 こんなことになってしまいました。着物1枚に帯11本。

着物は画像の数十倍本物が素敵、と言われる関さんの大島紬。

さて、帯は・・・。

先日のブログにも使った 首里花織の「宝箱」 この着物でまず合わせたいと思ったのがこの帯でした。

染帯にしたら可愛くなるだろう、とやってみたのがこちら。
筒描きのポップな帯。一気に明るい雰囲気になります。

これは昭和な朱色も絶対合う。。と思ったので。

力があるので袋帯にも負けない。

多少ゴージャスでも 艶感が受け止めてくれます。

あとは 一気に並べちゃいますね。
吉田美保子さんのイエローフラワー

オリエンタルな有職文様でも。


大胆な流水の刺繍。単衣にするなら絽の帯でも。

手描きのおろけた格子が温かみのある格子の帯

城間さんの紅型帯でも。

おまけ。この着物、男性でもいけます。

好き嫌いはあるかと思いますが、カジュアル着物に正解・不正解はありません。

フォーマルには正しいコーディネートがあって不正解は許されないのだけど。

カジュアル着物はセンスの良し悪し、帯は載せちゃったもん勝ち、というか。

着物で100、帯で100、なのではなく、どっちも80で合わせると200にも300にもなるのがコーディネイトの面白さです。

[common_content id=”7743″]

タイトルとURLをコピーしました