山下芙美子さんの黄八丈、お問合せを頂きましたのでコーディネートしてみました。

動きと共に色目が変化するのは、綾織の中でも山下さんのマジックです。

この美しさは、実際に見て布を触ってご覧になるしか判りません。

帯は、人間国宝・喜多川俵二さんの有職織です。高齢で現在はほとんど織られてない貴重な1本です。

名古屋ですが、お太鼓が袋帯のように二重になる比翼仕立にすると、お茶会セミフォーマルにも便利です。

金糸銀糸が使われていないので、名古屋帯で紬に合わせることも可能です。

山下さんの黄八丈は品格があるので、このような格のある帯でも浮くことなく受け止めてくれます。

ホテルでのお食事や、気張り過ぎないけど砕けすぎないお席など、ちょっと自信を持ちたい時の味方にもなってくれます。

織の着物ですが、扱いは紬ですので、街着としても十分お楽しみください。

こちらも、山下芙美子さんの黄八丈。グレーに大胆な片身変わりですが、緯糸が同じなので統一感があり、片身変わりの奇抜さはありません。

なにより、その綾織の美しさに目を奪われます。山本由季さんの薔薇帯を合わせました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今日も一ポチ! ブログランキングへの応援お願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 ←ここをクリック