大島紬などの上に華やかな小紋で作った長羽織。これはこれで、女心をくすぐる楽しみです。

ただ、下に着る着物によっては柄同士が喧嘩して、うるさく感じてしまうこともあります。

そこで、ごくアッサリした飛び柄の小紋や、無地で紋織りや紬など「地」に趣のある反物で羽織を作っておくと、着物や帯を選ばす着廻しが楽になります。。

合わせる着物を選ばない「お利口な羽織」は、出番が多く活躍してくれます。例えば、こんな反物はいかがでしょう? 

綾織で、ニュアンスのある質感です。水色は藍ぼかし、緑の無地は蓬(よもぎ)です。

シワになりにくい生地を選ぶことも大切です。

「じざいや便り」でお誕生月はセール価格

この記事が気に入ったら
「いいね!」

最新情報をお届けします