遠藤あけみさんは30年修行した岩井香楠子さんの工房を独立して伝統工芸展でも連続入選、入賞して作風にも幅が広がり、益々楽しみな作家さんなりました。
身近な野草や小さな動物たちを型絵染、という技法の中で生き生きとしたモチーフに昇華しています。シャープなラインの中にナズナや花だいこん、山ぶどうなどの野草のモチーフが可憐な印象的な作品をご覧になった方も多いことでしょう。
芹沢銈介から続く型絵染、という技法は土着的な力強さのある作品が多かったのですが、遠藤さんの出現で繊細で都会的、モダンな染になりました。


 

8月はじざいや決算セール

じざいや決算セール 開催中