今日も暖か・・・というかもう暑かったですね。
自粛で 電車も空いていて着物姿の方も少なくなりましたけど
今日、お見掛けした私と同世代の方、袷の小紋に羽織着てらっしゃいました。
私なら羽織着るなら単衣だし 袷着たらショールで充分だけど
人それぞれですからね。立場もあるし。
 

新店舗になってからあっという間に1か月以上が経ちました。
まさか こんな事態になるとは思いもよらなかった緊急事態宣言。
移転・新店舗改装でお金使い切っちゃいましたからね~
閉店・新店舗セールで売上出来る予定だったし。
自粛要請で 売上激減。
それでも出来ることを、自粛解禁後に繋がれば・・・とコツコツとまちまやってます。

コロナの前と後では世界は変わってしまうのでしょう。
生き残るために何をどうしたらいいのか、ずっと考えています。
一人でやってる店ですから 出来ることは限りがあるし、注ぎ込めるお金はありません。
自粛解禁後、お客様に来たい、と思って頂ける店であるために
じざいやに出来ることはー

私は元々が着物好きで、社会人になって給料をどんどん着物に注ぎ込んで
かなりな授業料を払ったクチです。
なので 消費者目線での 着物屋になれたと思っています。
自分がされて嫌だと思ったことは 営業とはいえいたしません。

店として一番大切なのは お客様の信頼を得ること。 
そのためには 着物全般に対する知識があるのは当たり前で
頭だけでなく実践として理解していることも大切です。
本の中のことだけでなく
実際に見て触って、着物を常に着ることで、自分の血肉となった生きた知識があってこそ
お客様に納得していただけるはずです。
ネットや本からだけの情報なら お客様の方が余程豊富にお持ちです。

商売、というのはお客様に買って頂くことです。
本来 お買い物は楽しいですよね。
その楽しさを さらに楽しんでいただくためには
お客様との対話を大切にして
対話の中から お客様の好みや思いを見抜き
その方のツボにはまった品物を
きちんとセレクトしてご覧いただける、というセンスも必要になってきます。
好みじゃないものは いくら見せられても楽しくないですものね。

相手によって 態度を変えるのではなく
お客様に合わせた 品物のご提案。それが出来る必要があります。
お客様は「これこれみたいなのが欲しい」とおっしゃってるのに
店の都合で 売りたいものばかりをお勧めされるのは迷惑ですね。
会話も楽しんでいただくには 着物以外の雑多な事柄にも精通していることも要求されますから
つまるところ 売る側の知性や品格を高めないと 
お客様を掴んでいられない・・・という事になります。
 
この頃は ネットの普及で
その店の品揃えや傾向が 実店舗に行かなくてもある程度は判るようになりました。
ネット上で好みの品を扱っていれば、 実物を触りたくもなります。
ご自分にとって わくわくする着物が置いて無い店は、貴女には不要の店です。

じざいやは小さな、今は一人で切り盛りしている店です。
沢山のものは置けませんし、万人の方のご希望には添えないと思います。
日常品ではなくなった着物ですが、嗜好品として生き残る道があると思います。
ご自分の感性に合った店なら、グッとくる着物や帯、小物に出会える可能性が高いです。
コーディネイトに強い店も 悩んだ時の味方になってくれます。
ご自分の感性に合ったコーディネイトを提案している店、と探し出してもらえるよう
インスタグラムなどで紹介しています。

ご自分の目的にあった ご自分の感性にあった、信頼のおける店。
それがじざいやであるよう、努力したいと思っています。

だーけーどー 売れないと存続不能なので
ブログはもちろん、インスタやGoogle 検索で 気になるものがありましたら
お気軽にお問合せください。
ご来店頂けなくても 画像や文章を駆使してご説明いたします。
自粛が明けたらーではなく、今、お求め頂けるのでしたら
投げ売りはしませんが 出来る限りの歩み寄りのお値段のご提示をさせて頂きます。
現在 1万円以上は25%引きクーポンがご利用頂けますが
お支払い方法や 抱き合わせ、その他諸事情諸々・・・お値引き交渉承ります。
よろしくお願いいたします。

嗜好品の中の嗜好品?じざいやアニマル特集。
今は オリジナル動物柄をどんどん作れませんが 
自粛が解けて モノづくりが出来るようになりましたら
着物や帯に楽しい動物たちを染めたり織ったりで作りたいと思います。

紅花紬に 柴犬帯

手紡ぎ本藍木綿に オオサンショウウオ帯。

本場大島紬に トナカイの帯

綾織の久米島紬に 縮緬猫帯

 獅子の刺繍帯

 城間さんのふぐ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今日も一ポチ! ブログランキングへの応援お願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 ←ここをクリック