山崎世紀さんの飛鳥絞り(辻が花)の名古屋帯。紫根の薄紫に藍を重ねています。

飯田の広瀬さんのところのじょうずな手織り(織は宮嶋さん)とコーディネイト。

絞った回りの放射線状に滲む複雑な色味が、化学染料では出ないのだそうです。草木染の中に含まれる様々な色の要素が染めた時に表に現れるのです。