羽織の上級者で、二枚目三枚目を仕立てる方には、袷の羽織ならではの密かな楽しみがあります。

それは羽裏。

襦袢以上に見えない羽裏ですが、着物好きのチェックが厳しいのも羽裏です。

見える表地よりも、自分だけがわかる裏地に凝って質の高い生地やこだわりの柄を持ってくることを現す『裏勝り』という言葉。

脱いだ時にだけチラッと見えるところにこだわって、お金も手間もかける、こんな嗜みが生まれた背景には、江戸時代にたびたび出された「奢侈禁止令」があります。

贅沢を禁止されても、おしゃれで粋な江戸の人は楽しむことを放棄しないで、見えないところで遊んでいたのですね。

素敵な羽織でも羽裏が無地だったりすると、ちょっと手抜きを感じてしまうのですね・・

じざいやでは、お客様のご注文で手描きのオリジナル羽裏も作ります。


じざいやにご依頼いただいたオリジナルの羽裏の一例です。

こちらのページ「羽織の楽しみ こだわりの、特注の、自分だけの羽裏を友禅で作る」で、もっと胸キュンなオリジナル羽裏もご覧ください。

オリジナルを作るほどの時間とお金を掛けられない方も多いので、出来合いでも ちょっとこだわった羽裏を用意しています。

セール中の猫ちゃんです。通販こちら。

メールマガジン「じざいや便り」は、木曜日発行を基本に、お届けしています。

12月生まれの方、メルマガ読者お誕生月の、割引き特典があります。ご活用ください。

登録がまだの方は、こちらから。

じざいや通販 BASE

この記事が気に入ったら
「いいね!」

facebookで最新情報をお届けします