連休が終わります。
コロナ騒動の最中でしたが 着物でお出かけできましたか?
着物でご来店下さったお客様方、本当にありがとうございました。
お着物でなくても 今、この時期にお出掛けくださりありがとうございます。
定休日の明日明後日も単衣祭りは続いています。

明日は小唄とお三味線のお稽古日。12時~2時位、見学随時受付中です。

じざいやでのウィルス対策は

除菌ハンドソープなどもご用意しています。
窓を開けて風を通し 密室にならないようにも気を付けています。
お客様が重なって 密室状態になることもありませんが・・・・
どうぞ 安心して遊びにいらしてください。
綺麗なもの見てわくわくすると抵抗力も上がります^^

ご質問が多いので 春~夏への小物使いのまとめです。
小物は着物より先に季節感を取り入れたいものですが
3,4月の単衣に 絽の半衿や帯揚げは違和感があります。
25度を越えるような夏日でも季節はまだ春。
3,4月の単衣はあくまでも 暑さしのぎの緊急避難で気持ちはまだ袷です
半衿は塩瀬、帯揚げも綸子やシボの低い濱縮緬です。

6月になれば 本来の単衣シーズンですから
半衿も帯揚げも絽縮緬、楊柳が活躍します。
でもこの頃の暑さでは5月半ばから絽縮緬、楊柳でも。 
絽縮緬ではなく絽は6月に入ってからにしましょう。 

駒絽や変り絽織りは絽目の広さや透け具合で 季節の変化に合わせます。
帯揚げの結び方も 袷の時よりボリュームを抑え 少なめに見えるようにすると涼しげです。
流水や秋草などを織り込んだ紋紗は 6月後半から盛夏の織方です。

麻の着物には 麻の半衿、帯揚げが一番似つかわしいですが
楊柳や紋紗も使えます。
綿麻や小千谷縮みなどの気楽なものは手拭を利用した半衿も。
宮古上布や能登上布などの 艶のある上布には 駒絽も似合います。

夏の帯締めと聞くと
レース組のものを思い浮かべる方も多いと思いますが レース組である必要はありません。
レース組のものは比較的歴史も浅く
戦後、着付け教室の普及と共に多く出回るようになりました。
平組や丸組の中から 厚みの薄いもの、細めのもの、
色の爽やかなものなどで 暑苦しく見えない、季節に見合ったものを選んでお使いください。

市松の中に絣を織り込んだ可愛い大島紬に 根津美和子さんの絣花織帯「瑠璃
ミモザの帯留をポイントに。 三部紐も1年中使えるアイテムです。
ぼかしの帯揚げは 色の出し方で季節感も表せて優れもの。


今日の着物美人さん
無地の結城紬に おばぁ様から譲られたという格子の八寸帯。全然古さを感じさせません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ひとりで過ごすさくらこにとって、皆さまの応援クリックが、日々の励みです。

今日も一ポチ! ブログランキングへの応援お願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 ←ここをクリック そして、「じざいや的日常」をクリックして、また戻ってきてください。

 

<当面、開店時間は12時とさせていただきます。ご来店のご予約お願いします。>

ご予約にはLINEが便利。じざいやを友だち追加できます。

スマホの方はこちらをタップ!  ↓

メールマガジン「じざいや便り」のご登録

メールマガジン「じざいや便り」は、ほぼ木曜日発行してます。

当月生まれのメルマガ読者には、割引き特典があります。

ご登録は、こちらから。

この記事が気に入ったら
「いいね!」

facebookで最新情報をお届けします