じざいやToday 

逸品本場大島紬に藤岡敏恵さんの絣市松帯。

きもの暮らし

数万円から100万越えまで、さまざまな大島紬。

なぜこんなに値段の差があるのか、良い大島紬の見分け方などもしっかり覚えて、いつかご自分の大島紬を手に入れるときに役立てていただきたく、大島紬のセミナーを開催しました。

セミナーでご覧頂けるように各種大島紬が揃っていますが、その中で一番高額で手間のかかってるのがこちら。

実際 ご覧になると「うわ!」っとなります。

細かいです。

大島紬には「地空き」という無地場のない方が絣合わせが困難だ、というセオリーがありますが、

細かいものも、合わせる箇所が多いのですから大変です。

帯は藤岡敏恵さんの絣市松透かし織です。

この逸品大島に負けない存在感がありつつ、無意味な主張はせず、引き立て役になってくれています。

小物に薄紫を持ってきてほんのり大人の女性の品良い女らしさを感じてもらえたら、と思います。

もう夏は麻しか着られない身体になってしまったのでー
note には 麻、苧麻、ラミ―の違いをかきました。

麻・苧麻・ラミ―どう違う?|じざいやさくらこ|note
ニッポンの夏。 サラリと透ける夏着物を着て、日傘をさして涼しい顔でお出かけ。 イイですよね~~~ 見とれてしまいます。 夏の着物は種類が多くて (絽・紗・羅の違いはこちら) 難しそう、暑そう、と敬遠されがちですけど なんのなんの。麻の着物なら涼しくてラクチンです。 じゃぁ 麻の着物を着てみたい~と探すと 麻にも種類が...


スキ、や フォローをお願いいたします。


タイトルとURLをコピーしました