昨日は朝も夜も雷雨に当たって散々でした。
凄い雷でしたねー 見惚れてしまいました。
梅雨の終わりに雷が鳴ると梅雨明けで夏が来る、と言いますが
この時期の雷で既に夏が来たような陽気です。
暑い・・・(北海道からは桜の便りが届いているのに)

着物の本になんと書いてあろうが
関東では5月は単衣の季節です。
だって普通に20度越えてますよ。夏日にだってなりますよ。
無理して袷着たら 苦しくて着物が嫌いになっちゃいますよ~~
普段着物は無理しない。それがコツです。

今日は単衣の白大島に麻の襦袢を着てました。
店でデスクワークしてるにはちょうどいい感じ。
外を出歩くには もう少し涼しくても良いかも。
綿麻の出番ですよー
洗えるので昨日みたいに急な雨でも 歩き回って汗かいても大丈夫です。
黄色と青の格子ピンクと藤色の市松に染たホースヘアの帯です。
格子on格子(市松も格子の仲間)。
普段のコーディネートの基本では直線には曲線を合わせる、とお話しています。
直線だけ、曲線だけ、より全体のバランスがとりやすくまとめやすいからです。
でも 時には直線だけ、曲線だけ、という組み合わせもします。
着物と帯の組合せに正解、不正解はありません。(フォーマルと生地の季節差は除く)
全体のバランス見て 大きな格子に小さな格子、細い格子に太い格子。
なおかつ色目を考えつつ組み合わせてみます。

直線はなんとなく 涼しい気で 曲線はまろやかで温かいイメージがあります。
なので 暑くなる季節には直線を多用したくなるのです(私は)
今回は 色味もあまり足さずにコーデしたので
帯留で遊んでみました。帯揚げには小花柄で曲線を入れています。
判りますか?
えどいろさんの和菓子シリーズから。流水と巾着絞りです。
水面に葉っぱが一枚。ういろう生地かな、半透明の生地と重なって餡子を包んでいます。
茶巾は 菖蒲の茶巾。色だけで季節を表現してしまう日本の美です。

綿麻はカジュアルなので 遊び心があると楽しいですね。
こっちの帯留はにゃんこの親子。今、子猫シーズンであちこちから里親募集の声がかかります。
三密回避で里子譲渡会が出来ないので 里子にだせない子がいるまま 次の子猫が保護されてしまう。。。
自粛でおうちに居る時間が増えて ペットショップでは犬猫が売れているそうです。
生体の店頭販売は禁止にして欲しいと切に願います。
そっちの話は熱くなるので 興味のある方は店でお話しましょう。
えっと、猫の帯留です。
可愛いですね。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今日も一ポチ! ブログランキングへの応援お願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 ←ここをクリック