ぼちぼち店内の片づけをはじめまして、こんなのあったー というものが出てきます。

江戸時代の小袖などです。

横浜に店を出したときに(平成13年)京都の老舗帯メーカーが廃業する、というので譲ってもらった資料用の古布。

裾のフキがボロボロになっていますが 他の状態は良く美しい小袖です。

絞りに友禅と刺繍。地紋入りの布の風合いが今の布とは全く違うのです。
この小袖の詳細もメルマガでご紹介します。

額装を施した裂の数々。(こちらの額装は寄贈先が決まりました。)

これ、紙じゃなくて布に文字が織り込まれているんですよ。すごい・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今日も一ポチ! ブログランキングへの応援お願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村 ←ここをクリック