ぐんま黄金(こがね)という日本産の黄金色の繭から生まれた、黄色い白生地です。年間に1反か2反しか織ることが出来ない貴重な布です

見事な菜種色。菜の花みたいです。もしくは卵の黄身とか?紅花の最初に出る黄色や、槐(えんじゅ・かいか)の黄色に近い綺麗でクリアな黄色です。

一見、後染のように見えますが、黄色い繭の糸は黄色いので、経緯糸に黄金の繭糸を使うとこのような見事な黄色の白生地?になるのです。

経糸には生糸、緯糸には節のある紬糸も織り込んでありますので、のっぺりせず表情があります。サラリとしていますので、単衣でも袷でもお好みでお召頂けます。

天然の繭の自然の色なので、派出そうに見えて馴染みの良い色です。

関史子さんのロートンと絣の帯で。

関史子さんのロートンと絣の帯はこちら。

下は、比嘉留美子さんの花絽織の帯で。この帯は「比嘉留美子作 花絽織の九寸帯「幻想 春の雪」 西部工芸展入賞作品」のこちらからご覧いただけます。

こんな糸です。

ぐんま黄金の黄金の繭のページ「黄金の繭から生まれる黄色い白生地 ぐんま黄金の贈り物」はこちらです。

価格

こちらからお問い合わせください。