わくわく楽しい着物ライフ。 着たい!を応援します。

ご挨拶

<じざいやが目指す着物屋>

見た瞬間からわくわく出来る、着物と帯、小物。常に新しいご提案ができて、着る楽しさを味わっていただけるセレクトショップを目指しています。そして、着物に関するどんなことでも、頼りになる店であり続けたいと思っています。

紬や木綿の洒落着専門店です。日本各地の産地ものや、新進作家から人間国宝まで伝統工芸会会員、国画会会員を中心に扱っています。と同時に、手間暇の掛かる高額品ばかりではなく、3万円台からの木綿、綿麻など、機械織でもきちんと作られたお手頃価格も扱っています。自宅で洗える様に仕立てて気軽に楽しで頂ける着物もあります。

自信をもって着物と帯をお客様にご紹介するために、私たちが産地に足を運び、モノづくりの現場にお邪魔して、モノづくりに対する想いを聞いて、きちんと作られたものであること確認してから店に持ち帰ります。

どこにでもあるもの、どこかで見たものではなく、常にあたらしいココにしかないものを一緒に作っていける作家さん、職人さんと仕事をしています。

その着物が生まれた土壌から仕立て、コーディネイト、お手入れまでトータルのご提案させていただくことでで、着物というものの魅力を最大限に引き出すお手伝いが出来る店でありたいのです。

<価格に関するじざいやの思い>

夫婦二人の家族営業で、家で待つ犬猫たちと食べて行ければいいだけですし、外商もしないし、外の会場を使うような展示会もしないので、そんな経費をかけない分、価格的にはお安くできています。

ただ、安くすればいい、ということでもなく、産地や作家を訪ねて、その価値を知ることでわかる、作品にふさわしい価格をいつも考えています。不必要な儲けを入れた高値や、逆に作品の価値を貶めるような安値にするのではなく、作品の対価としてふさわしい価格です。

作品の価値だけの価格であること。作った人が納得できて、買う人も理解できる正しい価格で販売する努力をしています。

着物を始めたばかりの方にとっては、お高いものがあるのも確かです。でも、じざいやセレクトの綿や麻、紬で手ごろなものもたくさんあります。じざいやから着物を始めると、回り道をせずに無駄遣いをせずに、最短距離で着物の楽しみにたどり着ける、とうれしい言葉もいただいています。

<横浜元町仲通りの隠れ家じざいや>

スーパーで買い物籠に野菜を放り込むように買うのではなく、町の古い八百屋さんでその野菜の顔を1つ1つ眺めて選び、調理法を聞いたり、旬の素材を教えてもらったり、会話や薀蓄を楽しみながら、知的好奇心を満足させられる店でありたいし、些細なことでも気軽に相談できたり、たわいの無いおしゃべりを楽しんだり、買い物以外でも気軽に立ち寄っていただける場所でありたいのです。

かつて自分が、着物好きの一消費者だった頃を忘れずに、昔の自分を連れてきてあげたいお店にしたいです。

そんな思いで、今は、横浜元町の表通りではなく、一本裏の、クラフトマンシップストリートと言われる仲通りのビルの二階に、じざいやを構えています。コンクリート打ちっぱなしのビルで、バーカウンターがあるようなちっとも着物屋らしくない店内ですが、ゆっくり長居できる心地よい空間です。

大量展示をするような商品はありませんし、入荷もポツリポツリとですから、お越しいただくたびにお好みの反物をゆっくり広げてご覧いただけます。

仕立てにつきましては、絶対の信頼が出来る職人肌の和裁士さんにお願いしています。

常に着る人の立場を考え、採寸から柄合わせなど現場に同行してオートクチュールの着物を縫い上げています。

縫う前の生地を整える段階から丁寧に布と対話しながらの仕立てなので時間は掛かりますが、着た時にストレスフリーの仕立て上がりとのお言葉を頂いています。

仕立てについてはお待たせすることが多いので申し訳ないのですが、待った甲斐のある仕立て上がりをお約束いたします。

また、全国からいろいろなお問い合わせをいただいています。お客様は横浜にお越しいただけなくても、写真やメールでお好みの商品を選んでいただいています。たまにはご旅行やご出張ついでに横浜元町じざいやに立ち寄ってくださいます。

これからも、着物とお客様を繋ぐ架け橋であり、着物や帯の後にある創った人たちの物語を語る場所になり、その着物とお客様が作り出す物語を紡ぎだす場所でありたい、と思っています。

柳田伸弘 店主
柳田さくらこ
(ご質問やご感想をお聞かせください。こちらからどうぞ。)

<店主とさくらこと、じざいや>

じざいやの歴史は、昭和62年から始まりました。
すこし自己紹介をさせてください。

 

 

柳田 伸弘(やなぎだのぶひろ)

昭和30年1月2日生まれ
有限会社じざいや代表取締役
日本大学経営学部を卒業後、青山みともに入社
昭和62年    渋谷区代官山に東京じざいや開業、店長就任
平成1年    東京じざいや解散
平成2年    さくらこと結婚
同年     横浜市南区にじざいや開店
平成16年5月 有限会社じざいや設立。代表取締役に就任
平成17年1月 横浜元町に店舗移転
現在に至る。

柳田 倫子(やなぎだともこ)(ネットではさくらこ)

昭和38年7月2日生まれ
有限会社じざいや取締役
國學院大學幼児教育専門学校を卒業後、等松青木監査法人入所
10代から表千家茶道入門
就職後、着物を自分で買うようになり、着物の道へ。
平成2年  伸弘と結婚
平成12年 監査法人トーマツ(旧等松青木監査法人)退職、じざいやへ。
現在に至る。

二人の趣味、といいますか、四本足の子供たちが沢山います。(現在犬2、猫12)
この子たちをモデルに、帯のデザインを起こしたりもしています。
店主は手料理をお客様にふるまうのも好きで、店の奥のキッチンには、自宅より本格的な料理道具が揃っています。

PAGETOP
Copyright © 横浜元町 じざいや All Rights Reserved.