桜の絞り帯を合わせてカジュアルに。

熨斗目は元々、武士の裃の下に着られていた、ということは武士の礼服だったということです。それを女性が着るのですから フォーマルにはならなくとも格調高い装いが似合います。

袋帯を受け止める力がありますが、やはり金銀は避けたいところ。金銀の入らない洒落袋や、綴れや刺繍などの格のある技法のもの。華やいだお席に行くときにはそのような帯が釣り合います。

例えば刺繍の袋帯で。菊の刺繍。椿の刺繍帯。

【価格】こちらからお問い合わせください。

 

東京友禅鈴木和美展24,25日