単衣の時期が長くなると、単衣に合わせる帯も沢山必要になってきます。

花織と絽が交互に織られている比嘉留美子さんの花絽織。

花織と絽が市松状になる花倉織よりも、少し透け感が多いです。

でも、花織部分は透けません。なので涼しさのためではなく、柄としての絽。

カラー芯で透け感を抑えて単衣に合わせるのが良いでしょう。白い芯でしたら、透け感が多くなりますので、6月~梅雨明けまで位が似合います。

夏帯は透けなくちゃいけない、ということもありませんので、盛夏にお召になることもできますが、少し暑いです。博多とかミンサーも透けないですしね。

四季折々の柄を織り出した桐生のお召に合わせました。

帯 定価 350,000円(税込378,000円)   

お問い合わせはこちらから。