帯地は 薄い辛子色の綴れ地です。色の写りが難しくてこの画像では獅子の色を再現しています。実際の帯の色は こちら が近いです。
迫力ある唐獅子が2頭。巻き毛がゴージャスです。
尻尾やタテガミに金糸を入れていますので 合わせる着物は艶感のある紬(大島や芝崎さんの座繰り糸など)や 柔らかものに。
絣や木綿には合いません。

前柄は 獅子と言えば、牡丹。百獣の王と百花の王の揃い踏みです。

緑の濃淡に紫に葉脈、という 着物好きのツボを押さえた憎い色使いです。
お太鼓の荒ぶる獅子を 前で押さえてくれるように。
袋帯の長さがありますが 短くして京袋(開き名古屋)としてお召になるのもお勧めです。

8月はじざいや決算セール

じざいや決算セール 開催中