【宮古上布 下地恵康作】 

 

【商品の特色】

南の宮古、北の越後といわれるように、、、、、、、

なによりもまず驚くのは この巻の細さ。左側はヒトモトの本場大島紬。大島だって十分細いのですが 右側の宮古上布は糸の細さが、そのまま巻きの細さに表れています。

そしてこの光沢。蝋引き、とも呼ばれる 糊付けからの砧打ちを経てこの艶が生まれます。この技術も今や後継者が・・・

 

今は亡き、下地恵康氏の作品です。極細の手績み苧麻を琉球藍で絣に染めた逸品。
蝋引きと呼ばれる糊を付けて手打ちで砧打ちされる加工が美しい艶を生みます。

【価格】

2,500,000円(税込み 2,700,000円)

セール価格で 1,250,000円(税込 1,350,000円)2017年8月31日まで 売約済