お取扱い作家・産地 

作家

青戸 柚美江 藍絣の出雲織 日本工芸会研究会員
秋山 眞和 小石丸や三眠蚕を藍や貝紫で染めたしなやかな紬  日本工芸会正会員
新垣 幸子 八重山上布 日本工芸会正会員
五十嵐 沙樹 身近なモチーフを切り取ったカラフルな型絵染め 国画会準会員
石黒 祐子 絣と浮き織が得意な若手作家 国画会準会員
石原 恵子 美しく繊細な日本刺繍 日本工芸会正会員
伊藤 峰子 首里花織で花倉織の第一人者
糸数 江美子 八重山上布
遠藤 あけみ 江戸切子のような鋭角なモチーフが美しい型絵染 日本工芸会正会員
大木 道代 端正でシックな草木染の着物や帯。
大高 美由紀 郡上の流れを汲む美しく力強い絣の紬
岡本 紘子 花や蝶を絞りを交えながら丸く愛らしいデザインが特徴的 国画会会員
笠原 博司 越後 城 鈴木苧紡庵に絣を習う。きっちりと美しく着やすさを求めた絣紬 国画会会員
加藤 富喜 草木染の細かなロートン織を得意としたモダンな帯 国画会会員
釜我 敏子 柔らかな女性らしいラインの型絵染 日本工芸会正会員
菊池 洋守 柳宗悦の同志。八丈織
喜多川 俵二 有職織の人間国宝
北川 弘絵 手紡ぎ木綿綾織
北村 武資 経錦・羅織の人間国宝
小島 秀子 多彩で多才 国画会会員
権田 千里 田島隆夫氏に織や染を習い、品よく気廻しのよい帯を様々な糸使いで織っています
佐々木 苑子 紬織の人間国宝 日本工芸会正会員
佐々木 理恵 竹糸を使った越前石田縞を復元
佐橘 登喜蔵 草木染にした繭から直接糸を引き出すずり出し糸を使った紬は軽くてほっこり。
士乎路紬 古い言葉で能登半島を意味する士乎路(しおじ)。水島繁三郎氏の研究の末生まれた、大島紬と結城紬の良いとこ取りの紬。しなやかで皺になりにくく、かろやか。
芝崎重一・圭一  経糸も緯糸も独特の座繰り糸を草木染にした紬
霜垣 義三 十日町で草木染の真綿紬 (故人)
城間 栄順 沖縄 紅型の双璧の一人
鈴木 映衣 米沢で養蚕もする草木染紬とアップリケ帯など
鈴木 和美 東京友禅。生駒輝夫に師事。女性らしい柔らかなラインの糸目友禅
鈴木 紀絵 絞りや友禅も使う力溢れる型絵染(故人)
鈴木 ゆき子 越後上布の鈴木苧紡庵氏の元で絵絣をしっかり習得。東京に戻り、草木染の絹ものを緻密な絣で表現。
関 史子 矢絣ロートン織 国画会準会員
芹沢 銈介 型絵染
添田 敏子 芹沢銈介の直系の型絵染
平良 敏子 芭蕉布の人間国宝
玉那覇 有公 紅型の人間国宝 日本工芸会正会員
築添 純子 木綿の帯や着物 日本工芸会正会員
中村 由美子 モダンで明るいデザイン性の高い作風が魅力的な型絵染め
西川 はるえ 沖縄、喜如嘉の芭蕉布後継者育成事業伝承生を経て、 ネパールやヒマラヤのイラクサ、大麻などの繊維と出逢い、琉球藍や草木染にした自然布を織っています
原田 重 父は藍木綿の琉球美かす里の原田吉朗氏。若々しい創作紅型が得意。
比嘉 恵美子 人間国宝与那嶺貞の直弟子の読谷花織
比嘉 留美子 首里花織 色のセンスと繊細な糸使いの花絽織
平谷 悠律子 出雲絣で修行、独自の感性で藍紬木綿を制作
廣瀬草木染織工芸 飯田紬の中でも経糸をゆるめて織る、という独自の技法でふっくらと空気を含んだ風合い。草木染の柔らかな色彩と相まって他では見られない布です。
藤岡 敏惠 草木染の絣を、生絹や紬など多彩な糸であでやかに織り上げた帯や着物 日本工芸会正会員
本郷 孝文 柳宗悦の同志。草木染綾織
三村 百合子 向井俶子の弟子 草木染の紬
宮城 里子 藤村玲子の一番弟子の紅型作家
宮平 一夫 首里花織、人間国宝宮平初子の子息
向井 淑子 柳悦博氏に師事し、絣と綾織りを駆使した帯など丁寧な作品。織もの教室を主宰。  
森田 麻里 身近な花をモチーフにした型絵染 国画会会員
山下 健 絣や綾織の作品 国画会会員
山下 芙美子 山下めゆ・八百子から継がれた黄八丈 山下家
山本 由季 無線友禅を主に絞りや型絵染も出来る独自の世界観
横山 俊一郎  みさやま紬。民芸運動に関わった横山英一が始めた三才山(みさやま)の草木を使った手織りの紬。用の美、美しく着やすい布。長男俊一郎氏にが引き継ぐ。
吉田 美保子 ポップで大胆、現代感覚の手織り紬
吉田 悠子 モダンで明るい色彩の絣やロートン織の着物や帯 国画会準会員
ルバース・ミヤヒラ・吟子 首里花織人間国宝 宮平初子氏の娘。兄は一夫氏。沖縄の土着的な色彩と繊細な首里花織を融合させた着物や帯 国画会会員

産地

伊那紬
越後上布
江戸小紋
小千谷縮
片貝木綿 
黄八丈
郡上紬
久米島紬
久留米絣
薩摩絣
紫根染絞り
科布
首里花織
白鷹お召
出羽木綿
芭蕉布
本塩沢
本場大島紬
本場結城紬・縮
宮古上布
八重山上布